研修は将来進む診療科を選定せずに多診療科(施設)、または将来専門としたい診療科を決めた上で、その診療科を中心にローテーションすることによって、医師としての基本的診療能力獲得と人格涵養を目的とする。