Picture of 管理者 MOOC
高校生向けオープンソース遠隔授業システム
by 管理者 MOOC - Monday, 14 July 2014, 11:28 AM
 

【高校向けオープンソース遠隔授業システムサービス】

-オープンソースパッケージを活用した「オープンLMS-R(リモート:遠隔授業対応)」サービスの提供-

 レゾナント・ソリューションズ株式会社(首都圏事業所:東京都渋谷区、以下レゾナント)は大学等教育機関向けに導入されているオープンソースのLMS(授業、学習支援システム)、Moodleをベースにした遠隔授業システムの提供を7月9日より開始しました。

 「オープンLMS-R」は文科省が実施を計画している高校での情報通信技術(ICT)による遠隔授業に対応できるシステムサービスです。
   遠隔で動画、音声を使用した授業を行うだけでなく、講師があらかじめ実施する授業のコンテンツを専用のwebサイト(授業支援システム)にアップロードすることで受講者は事前の予習や質問を行うことができ、実際に行っている授業により近い形で授業を行うことができます。
   また、遠隔で行った授業をそのまま録画できるため欠席した生徒へのフォローや復習利用、オンライン テストも実施できアクティブラーニング(学習者が自ら主体的に活動して学ぶ方法)にも活用できる サービスです。
(サービス提供サイト:http://lms.resonantstyle.com)
   各高校の要望で他システムとの連携(生徒管理システム等)やシステムのカスタマイズ、独自機能追加、プライベートクラウドサービスでの構築も行います。
   導入前に機能が利用できるレンタル授業ルームの提供も授業単位(最低1ヶ月利用)で行います。