インストール手順(Windows)

SDカードへのOSコピー方法(Windowsパソコン使用)

※以下の作業ではディスクのフォーマットを行う必要がある場合がありますので操作に慣れていない人や
学生は保護者またはコンピュータ操作の詳しい人といっしょに行うようにしてください。
間違って必要なデータを消去した場合はオープンムークLMSサイトでは
一切、消去されたことによる責任は負いません。

1.SDカードを使用してるパソコンにセットします。

SDカード

PCウインドーを開くとSDHCアイコンが出ます。(Win8.1画面) 
フォーマットはFATになっていますがデータが入っているので今回はフォーマットします。
※必要なデータはバックアップしてください。

2.SDカードをフォーマットします。(Fat32)

フォーマットソフトは「SDFormatter」フリーをインターネットでダウンロードして行います。
FAT32フォーマットができれば問題ありません。
フォーマットする場合は「フォーマットボタンを押します」 ※間違いないか確認して下さい。

確認ダイアログが出るので「OK」ボタンをおしてください。

完了ダイアログ画面が出たら「OK」ボタンを押して終了します。

SDフォーマット

 フォーマットが完了したらSDカードのアイコンを右クリックしてプロパティを確認してください。
 ファイルシステムがFAT32になっていいれば問題ありません。

3.OSをコピーします。(Raspbian)

 OSのダウンロードは以下のサイトから行います。

 http://www.raspberrypi.org/downloads

 Raspbianダウンロードページへリンク

 2013-09-25-wheezy-raspbian.zip 
 をクリックして「Raspbian」をダウンロードします。

 サイズが500MB以上あるので一度、休憩しながら待ちましょう。
 ダウンロード後はzipファイル(圧縮ファイル)が解凍できるソフトを使用します。

4.SDカードにイメージとしてコピーします。

※普通にコピーするだけでは動きません
「Win32 Disk Imager」を使用しましてイメージファイルとして書き込みます。

http://sourceforge.net/projects/win32diskimager/
ダウンロードできます。

「Win32 Disk Imager」ダウンロードページへリンク

win32

 「Win32 Disk Imager」を起動します。

 Drive が SDカードになっていることを確認してください。(ここではEドライブ)
 フォルダアイコンをクリックしてダウンロードしたイメージファイルを選択します。

 ダウンロードして解凍した 2013-09-25-wheezy-raspbian を選択して「Open」ボタンをクリックします。

 Win32 Disk Imager 画面で「Write」ボタンをクリックします。



 書き込んでもいいか確認画面が出るので「Yes」ボタンを押します。

 書き込みが始まりますので少し休憩しながら待ちましょう。

 書き込みが終わると完了ダイアログ画面が出るので「OK」ボタンを押します。

 Win32 Disk Imager 画面で「Exit」ボタンをクリックして終了します。

 PCウインドーで「SDカード」アイコンを開くとOSのファイルが書き込まれているか確認してください。
 これでラスベリーパイが動くために必要なOS(オペレーションシステム)が準備できました。
 次回はいよいよラスベリーパイを動かします。お楽しみに!!

最終更新日時: 2013年 11月 1日(金曜日) 12:04